豆腐の驚くべき効果!私の便秘解消法

%ef%bc%92%ef%bc%95
%ef%bc%92%ef%bc%95

妊娠中のため便秘薬は処方されず

年齢35歳の医療事務です。第一子妊娠4ヶ月頃から便秘になるようになり、7ヶ月を過ぎてお腹が大きくなり始めた頃から症状が悪化しました。

とにかくいきんでも出ないため切れ痔になり、肛門科のお世話になりました。妊婦ということで内服の便秘薬などは処方されず、外用の軟膏だけもらいました。

医師にも妊娠中の便秘はホルモンの影響もあるので完全に治すのは難しいということ、うまく付き合っていくしかないことを説明されました。

食事での便秘改善を狙い、豆腐を試す

外用の軟膏を使うことでいくらか痛みは和らいだものの、肝心の便秘はなかなか治る気配がなく妊娠期間が本当に憂鬱になってきてしまいました。なんとか食事などで改善できないかと色々探してみたところ、にがりが便秘にマイルドに効くので試してみたいと思いました。
便秘解消なら!ぷりぷりプリンセル公式サイト
しかし、にがりの成分はマグネシウムであり、原液のまま取り入れるのには妊娠中のため抵抗があったため、にがりが使われている豆腐を食べるようにすれば栄養面的にもいいのではないかと思いました。実は妊娠中のつわりの影響で豆腐を妊娠期間にほとんど食べていなかったのですが、つわりも終わりお豆腐も普通に食べられるようになったので、意識的にお豆腐を食べるようにしました。

コツとしては、お醤油ではなくお塩をほんのすこしまぶして、オリーブオイルをたらしていただくことです。これは、お醤油よりも飽きにくい上に、オリーブオイルも便秘を和らげる効果があるので相乗効果を狙ったものです。

豆腐の驚くべき効果とは

最初は夕食時に食べていたのですが、特に変化なし。朝にお通じがなくて毎朝苦しんでいるので、それでは朝一番に食べたらどうだろう?と思い朝に食べるようにしました。そうしたところ、思った以上に効果てきめんでした。
便秘解消なら!ぷりぷりプリンセル公式サイト
朝にまずお豆腐をゆっくり味わうように食べてから普通の朝食をいただきます。そうすると、朝食後に家事をしたりちょっと動いているとお腹がぐるぐるしてきて便意が!久しぶりにはっきりした便意を感じてちょっとびっくりしたくらいでした。

そうしてほとんど毎朝、スムーズにお通じが出るようになりました。振り返ってみると、毎朝起きてすぐはあまり食欲がないタイプなので、いつも朝食を少量しかとらないことが多かったのですが、きちんとお豆腐を含めて朝食をしっかりとるようになったことも大きかったかなと思います。便秘薬のようにお腹がきゅうきゅう痛くなるような副作用もないし、食事で改善できて本当に良かったと思いました。