野菜とツボ指圧で便秘解消

42
42

長らく続く便秘体質

私は68歳で主婦です。私は、長いこと便秘体質でした。便秘時の症状はお腹が張ってくるという症状と、頭痛、食欲もなくなりイライラします。便通がない時は3日以上続きます。

対処しないともっと続くのでしょうが、苦しくなってしまうので、便通がない時は漢方系の便秘薬を飲んでしまいます。効き方はゆっくりですが、腹痛などがなく穏やかな効き目ですから、漢方系の便秘薬を使用しています。本当は、薬は使わないほうがいいのですが、我慢して腸が閉塞しても困りますから、どうしても便通が自力でできない時は、薬を使うことにしています。

どうも日本人は、体質的に腸が長いので、傾向として体質的に便秘症が多いようですので、加齢とともにあまり無理をしないように薬を使うことに躊躇しないようにしています。

基本は食生活の改善

とはいえ、漢方とはいえ薬頼みにしていていいというものでもありませんので、それなりに対処法は取っています。まず、食生活について、気をつけるようにしています。炭水化物は嵩も多く、お腹にもたれますので余り食べないようにしています。

米類、麺類は避けて、炭水化物も野菜、特に根菜を選んで食べています。野菜の繊維が便秘に効果があると実感します。私が特に、効果があると思えるのは、ゴボウ、カボチャの皮、ブロッコリィの茎、カリフラワーの茎です。

特に、ブロッコリィの茎、カボチャの皮は効果があると思います。私は、これらを電子レンジでチンして柔らかくして、そのままおやつ代わりに食べます。ゴボウは人参とともにキンピラ風に煮ておき常備采しておきます。

ツボの指圧も実践

あと、豆類もいいと思います。大豆、黒豆、小豆などを煮て食べます。海草類のヒジキ、ワカメ天なども、便秘に効果的な食べ物だと思います。ヒジキは凍り豆腐や人参などと煮付けるとか、ワカメはサラダとしてマヨネーズをかけて食べたりします。

実だくさんのみそ汁にたっぷりのワカメを入れて食べることもあります。ヨーグルトも善玉菌を作る手助けをしてくれますから、腸内環境を整えるという意味では有効だと信じ常時食べています。腸は冷えがよくないと聞きますから、夏でも金太郎的腹巻をつけお腹を冷やさないようにします。それから、ちょっとした隙間時間があるときには、腸に効果があるというツボも指圧したりします。

一番簡単に誰でもできるツボは、手のひらの親指と人差し指の間に水かきのようにあるツボで「合谷」(ごうこく)といいますが、ここをヘアピンや人差し指で押します。これは、意外と効果があって、押すと腸がゴロゴロと鳴って腸が反応しているのが分かります。腸の働きが鈍っているなと感じた時、私は押しますが効果を感じます。