妊娠中の便秘体験

43
43

妊娠中に便秘を経験

私は、38歳の主婦です。私が便秘を経験したのは、2年前に妊婦であった時でした。いつもなら、朝食後にお腹がぐるぐるなってトイレに駆け込み快便の体質なのですが、妊娠中は、ホルモンの影響かつわりであまり栄養がとれていなかったせいか、3日に一度程小さいものが、出るだけでお腹は、張ったままでした。

それが、1カ月程続き自分としても体調が気になったので、産婦人科の担当の先生に相談しました。すると、きな粉牛乳や、さつまいも、ごぼうなどを料理に取り入れてみることを強く勧められました。きな粉牛乳は、牛乳にきな粉を入れてよく混ぜて朝一番に飲むと良いと言われました。

飲んだ直後2日ほどは、少したまっていた物が、出ました。しかし、体も慣れてしまいまた、便秘になりました。そのあと食事にさつまいもや、ごぼうを取り入れて料理をしました。これも直後2日程は効き目がありました。しかし、また、便秘が続きました。

便秘が原因で腹痛に

その為再度先生に相談すると、軽い体操やウォーキングを勧められました。そして、食事の面と体操の面からは頑張ることにしました。効果は、まずまずで妊娠中の運動にもなり、体にも良い感じでした。

しかし、2週間もした頃にまた、便秘が続きました。そして、腹痛もあったので病院に行くと便秘が原因の腹痛でした。妊娠中なので、腹痛は、特に気になりました。そして、産婦人科で使っても大丈夫なお薬を出して貰いました。そして、その薬のおかげで便秘を解消することができました。便秘経験がほとんどなかった私は便秘のつらさを身をもってしりました。

大変でした。食べても出ないし、あんまり力を入れていると、痔になってしまうし。本当に体が元気なことは大事なことだと、感じました。出産までに何回か便秘には、なりましたが、出産と共にまた、体調も戻り今はもとの快便の体質に戻りました。朝トイレに行けることが幸せです。

水と適度な運動が大切

私が、今考えてやはり便秘に効果があったのは、水を多く飲み適度に体を動かすことにあるように思います。妊娠中は、少し水を控えていた感じがしますし、お腹が大きなせいもあり運動不足だった感じがするからです。

今は、それに加えて食物繊維の多いものを多めに食べて腹筋をすることを日課にしています。朝からお腹まわりがすっきりして、下に降りてくる感じがします。

また、週末は、ウォーキングをして、また体の中から動かすように心がけています。私が経験した便秘は、私の生活を見直すきっかけにもなりました。