便秘対策は自分に合った物を

①
①

 

小さな頃からの極度の便秘体質・・・

現在32歳、専業主婦の私ですが親の話を聞くと乳児の頃から頑固な便秘体質であったようです。自分の記憶を辿っても小学生の頃には中々便が出なくてトイレで半泣きになっていた事や、腹痛で保健室に行っては「また便秘だろうからここじゃなくてトイレに行きなさい」と養護教諭の先生に呆れられていた記憶があります。

中学、高校に通うようになった頃には便秘薬のお世話になっていました。薬は効きすぎる体質の為になるべく避けたかったのですが、何もしないと二週間近く出ない事もあるほど。そうなるとお腹の張りや頻繁に出るオナラとゲップ、異様に膨らんでくる下腹部に悩まされる事になり、噂では便秘が続くと体臭が大便の臭いになると聞いてそこにも恐怖を覚えて3日に一度位の頻度で飲むように。

ただ、最近は効き目の優しい物が色々出ているようですが昔の薬は割とキツイ効き目でしたのでそれはそれで出す時にお腹が痛くなって辛かったですし、ずっと飲み続けているとだんだん効きが悪くなって薬の量が増えていくのも不安の種でした。

便秘薬よりも効果があった便秘対策とは?

その後、何とか便秘薬を卒業したく試行錯誤した上で一番良い効果があったのは「キシリトールガム」でした。本来歯の健康の為にかむ物ですが、たくさん食べるとお腹がゆるくなると話題になっていた為に実践。結果はとても良い物で、夜寝る前に7粒ほどを噛んでから寝ると翌朝腹痛もなく程よい硬さの便が自然に出るようになりました。このおかげで便秘薬から卒業でき、自然な排便はこんなにスムーズな物なのかと軽く感動を覚えた程です。

ただ、それにもマイナスな点が出てきました。ガムを噛んでいない時間帯に口の中が気持ち悪く感じたり、口寂しい感じがあって時間を問わずにガムを噛んで無いと落ちつかなくなってきたのです。ガム中毒とまではいかなくても、そんなに噛んでいたら金銭面もキツイですし何か精神的に依存しすぎているのではないかと怖くなって少しづつ止めていく事にしました。

そうなるとまた戻ってくる便秘の悩み。
きっかけがあって20歳位の頃に肉食中心の生活から野菜食中心の食生活になり、昔ほど溜め込む事はなくなりましたがそれでもお腹は張るし便は硬く排便時に辛い。そんな頃に試して現在も良い効果を出してくれているのが寒天です。

寒天が効いた!便秘対策は人それぞれと実感

テレビで寒天が便通に良いと聞き、手作りの寒天デザートを夕食後に食べるようになってから自然なお通じが続くようになりました。キシリトールガムの様に必ず翌朝出る!といったものでは無いですが、寒天は多少の手間はかかりますが水分をたくさん取る事さえ注意していればマイナスな点もなく満足のいく結果をくれています。

妊娠中はつわりの関係で毎日作って食べる事が出来なくなりましたがこれには足裏のツボ押しで対応。これも良い結果だったので今は時々寒天デザート、時々足ツボで良い状態をキープしています。

体質に合うものは人それぞれでしょうが、より自然な物を使った方がマイナス点が少ないのでは無いかな、と経験から思うのでオススメです。