ついに解消!デトックススープと複式呼吸が効果的

54
54

ストレスと水分不足が便秘の原因?

私は25才で、現在はフリーランサーです。学生だった21才ごろ、便秘に悩まされました。便秘だったときは、週に1回ほどしか排便がなく、出たとしても硬質な、水分をあまり含まない便でした。

腹部にやや張りや膨らみがあり、座ったり、あるいたりする際に不快感を感じぜずにはいられなかった記憶があります。1週間に1回というペースの便秘状態が約3カ月ほど続いたと思います。

その原因はストレスと水分不足だったかなと今では思います。ストレスを感じると身体全体が防御態勢にはいって、緊張します。緊張状態にはいると交感神経が強くなり、消化器官が正常に機能しなくなり、その結果として便秘となると私は認識しております。

こまめな水分補給とジョギングにトライ

便秘に対して一番初めに行った対策は水分補給をこまめにとることです。水分補給の方法は2週間ほど試しましたが、効果が対してでませんでしたのでやめてしまいました。

次に試した方法は、運動(ジュギング)です。ジョギングは以前から少しやってましたが、その量を増やしました。大体1時間ぐらい増やして取り組みましたが、体重だけ減る一方で便は出ませんでしたのでこれもやめてしまいました。

デトックススープと複式呼吸法が効果抜群

便が溜まってゆく身体をどうにかしたいと心から思うようになり、最後に試した方法がデトックススープと腹式呼吸法です。そのどちらもかなり効果がありました。

デトックススープは大きな鍋に水とセロリ、ニンジン、玉ねぎ(大玉2つぐらい)、トマト、ピーマン、キャベツ、パセリなどの好みの香味料を入れ30分以上ふたをしてぐつぐつ煮込みます。出来上がってすぐに食べるのもいいですが、一日寝かすと各野菜の味が滲み出てきていてなにも調味料を足さなくても十分なぐらい味がでてきます。デトックススープを数日間続けた結果、堰を切ったように便が出てきました。とても悪臭漂う便でした。おそらく宿便なども混ざっていたかと思います。

もう一つの方法の腹式呼吸法も同時に実践していました。腹式呼吸法は横隔膜を下げ、肺の下部によって呼吸をする方法です。体の中心を感じるポイントが徐徐に下腹部へ移動してゆく感覚です。この呼吸法それ自体の効果ももちろんあるかと思います。個人的にはそれによってリラックスでき、呼吸を整えて落ち着け、そのことで副交感神経へ働きかけることができるからではないかとも思っています。この二つの方法を併用することによって、便秘状態の日々から解放されました。それ以降は排便習慣(リズム)ができて、特に対策を取らなくても快適に過ごしています。