青汁が便秘解消に効果的である理由とは?

ws000155
ws000155

現代の食べ物の習慣として一日に必要な栄養を食べ物から摂取するのは難しく、特に野菜を多く食べるという事がなかなかありませんね。そんな食生活に青汁は野菜不足を簡単に解消し、補うことができるように作られましたが、青汁の成分から体の健康はもちろん、ダイエットや美肌目的に作られたものも増え、今では飲みやすさも追求され以前に比べて青汁を飲む方も増えました。

その青汁が便秘解消としてなぜ効果的なのでしょうか?

 

どうして便秘になる?その理由とは・・・

 

男女問わず便秘になる場合はありますが、特に女性が便秘になりやすい傾向としていくつかの理由があります。

生理前の黄体ホルモンの影響、男性に比べて女性の方が筋力が弱い事、運動不足、過度なダイエットなど女性が体のことで悩む要因の他、ストレスによる体調の変化や、おトイレを我慢するなどで慢性的になり、便秘になっていることが多いようです。

また、食事は毎日のことですが一日に必要な栄養分を食事だけで摂るのは難しいので、その為

栄養素が足りなくなったり、偏ってしまったことで体が十分な働きをしてくれず、体調不良や便秘、

美容にも影響されてしまうことがあります。

青汁が便秘に効く理由

青汁にもいろいろな種類があります。その種類によってはダイエットだったり、美容の為だったりと主な成分の他に目的別に合わせた成分を取り入れてより効果的になるよう作られています。

しかしその中でも便秘効果はどの青汁にも主成分として入っている事が多いので、便秘と美容や便秘とダイエットといったように組み合わせて選ぶとより健康的でいいかもしれませんね。

 

1.食物繊維が豊富

青汁には食物繊維が凝縮されています。便秘になると食物繊維をたくさん摂ると便秘解消にいいと広く知られていますが、実は食物繊維には2種類の食物繊維があり、片方の種類だけを食べていても便秘解消にならないので2種類をバランスよく摂ることで便秘解消になるとされています。

 

1-1.水溶性食物繊維

青汁の成分の中に「難消化性デキストリン」という成分がその水溶性食物繊維にあたり、

食べ物では海藻・果実・こんにゃくなどがこの水溶性食物繊維と言われています。

赤ちゃんや小さいお子さんが便秘になったときは、みかんの汁や実を食べさせると便秘が良くなると祖母が言ってたので、実際やってみたら効果ありました。

また、青汁の主な成分にケールや明日葉、大麦若葉を使っているものに水溶性食物繊維が多く含まれています。

 

1-2.不溶性食物繊維

いわゆる野菜や穀物の食物繊維です。

ダイエットに野菜や豆などを食べるのがいいと言われていますが、この不溶性食物繊維がダイエットに良いとされるのは、お腹で膨れるので少量の食べ物で満腹感が得られる為です。

また、食べる量が減ると腸も動かなくなってしまい便秘になってしまうので、便秘になった時に不溶性食物繊維を摂ることで便の量が増えるので便秘解消に効きます。

 

青汁にはこの2種類の食物繊維がバランスよく入っているため、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維と気にしながら食べ物をチョイスして食事をしなくても青汁が補ってくれるため、便秘を解消する近道とも言えます。

 

2.酵素

 

酵素はアンチエイジングやダイエットでよく聞きますが、実は便秘解消にも非常に効果があります。

 

2-1.代謝酵素

代謝酵素とは食べ物の栄養素で体を動かすための代謝酵素です。

老廃物を体の外に出す、肌の新陳代謝、体のあらゆる働きにはこの代謝酵素が必要です。

 

2-2.消化酵素

食べ物を体に必要な栄養素を分解し吸収しやすくなるように消化する為のものです。

この消化された栄養素が元となり、体を動かすための代謝酵素と深く結びつきます。

 

2-3.食物酵素

ダイエットでよく聞く「食物酵素」ですが、この酵素は体の消化酵素と代謝酵素を助ける役割があり、消化を助け代謝力があがり、肌や体内の調子が良くなりダイエットにもつながります。

 

ただし酵素は熱に弱いため普段の食事から摂るのは中々難しく摂れる量も少ないですが、

青汁には酵素がたくさん含まれています。

酵素は人間の生命を維持するために欠かせない成分で、消化や吸収を助けてくれます。

また、体内の酵素が不足することで代謝が悪くなり消化不良や便秘になりやすくなります。

その酵素を補ってくれる青汁を飲むことで、胃腸の働きをよくしてくれ代謝が良くなり体内に溜まった老廃物を体の外へ排出してくれるので便秘が解消されます。

 

3.ビタミンB1

青汁の成分の中に、明日葉を使った青汁にはこのビタミンB1が多く含まれています。

甘い食べ物の糖質を多く取りすぎると便が硬くなり便秘になりやすくなるため、ビタミンB1が入っている青汁を飲むことで、糖質を分解して便秘になりにくくしてくれます。

 

工夫一つでより効果的に便秘を解消

青汁は自分の生活ペースで飲むことができますが、青汁を飲むと腸が活発になるので、その作用を利用してより便秘に効く飲み方としては寝る前に飲むと朝起きた時にスッキリできます。

ですが、人によっては腸が動くことで寝にくくなる方もいると思うのでそこは調整しながら飲んでみてください。

また、朝飲む場合は豆乳で割って飲んだり、ヨーグルトと合わせて飲むと、善玉菌が増え腸の調子が良くなり便秘解消につながります。

ですが、飲んだからといってすぐ効果のある人とそうでない人もいます。

これは習慣性を考えると継続して飲むことが大事ですので、自分のペースに合わせて飲むことが一番ベストです。

【青汁が便秘解消に効果的な理由】まとめ

 

  • 食物繊維が豊富(特に水溶性食物繊維)
  • 酵素が含まれている
  • 健康的に体内から老廃物を排出できる
  • 継続して飲むことで体調も良くなる

 

色々な青汁製品が出てる中で便秘により良く効果のある成分のある商品を選んで飲むことがいいですね。

青汁を普段の生活の中に取り入れることで、現代の生活で不足しがちな栄養を補給できて、健康面から考えると、便秘薬を頼るよりは青汁の方が体調も良くなりすっきりできると思います。

薬はどうしても慢性になりがちなので飲む量も増える人も中にはいます。

それを考えたら体内改善の一環として青汁は便秘にも良く、便秘を解消することで体内に溜まった老廃物を排出し、美肌や胃腸も綺麗になりメリットはとてもありますね。

当然ですが、人により合う合わないはありますので体と相談しながら飲むのがいいですね。

私は普段から運動などは家事や買い物の時くらいしかないので便秘によく悩まされます。

野菜を多く摂るように気をつけてはいますが、どうしても限界があるし、一日に必要な量を摂取するというのは私にはとても難しいのと、果実を毎日食べる習慣がないので普段から青汁や野菜ジュースなどを取り入れるようにしています。

体には合うようなので飲んだ翌日などは体の調子もいいですよ。

最初私も、年齢的に健康面を考えると毎日の生活で1杯の青汁だけで体に必要な栄養素が補えるならと思う反面、癖がありそうな感じがしたので薬局に行く度悩んでは買わないことが多かったのですが、色々調べてとりあえず一週間から始めてみました。

飲んでみてわかったのですが、最近の青汁は後味も残らず飲みやすくて美味しいんですね。

それに青汁なら年齢に関係なく飲めるし、飲みやすく自分でも調整が出来るという面ではとても取り入れやすくて便利ですね。

ただ、何事も適量を飲むことがいいので、飲みすぎには注意しましょうね。