カイテキオリゴは赤ちゃん(新生児~3歳児)でも大丈夫なの?

ws000154

カイテキオリゴを新生児や赤ちゃんの便秘に使用してる口コミも多いですが、本当に大丈夫なのか不安ですよね。
離乳食を食べるようになると便秘になる赤ちゃんも多いはず。
また3歳くらいのお子さんが便秘になって困ってるなどの話もよく聞きますね。

小さいからできれば薬じゃないほうがいいんだけどというママも少なくないですね。

こでカイテキオリゴが小さいお子さんでも使えるのかまとめてみました。

 

カイテキオリゴの原料・成分

原料

  • 北海道産のてん菜(サトウダイコン・ビート)
  • ショ糖
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖(母乳に含まれている成分。ただし乳糖不耐症の方は下痢になりやすいです。)
  • セロオリゴ糖

成分

エネルギー 207kcal

タンパク質  0.0g

脂質             0.5g

炭水化物     93.1g

ナトリウム    3mg

 

原料は天然成分から抽出したものを使用しているため、無添加商品となります。

またカイテキオリゴは薬ではなく、食品であることと、成分についても整腸作用や、腸内環境に働きかけてくれる成分で作られた食品です。

製法過程においても放射線チェックなど綿密に検査にもかけ安全面もしっかりしています。

  • 日本能率協会総合研究所調べ オリゴ糖食品市場売上日本一
  • モンド・セレクション 3年連続金賞受賞

など安全評価の面でもしっかりとした食品と言えるでしょうね。

 

カイテキオリゴ公式サイト

アレルギーでも大丈夫?

アレルギーやアトピーが治ったという方も中にはいらっしゃるようですね。

アレルギーは、体内にあるアレルギー免疫抑制物質の低下により引き起こりますが、カイテキオリゴの高純度オリゴ糖が善玉菌の活性化に働きかけることで、免疫抑制物質の低下を抑え体内が健全になり、結果としてアレルギーやアトピーが改善されることがあるようです。

体内を健全にしてくれる働きがあるカイテキオリゴを試してみるのもいいかもしれませんね。

 

・注意するべき点

原料の乳糖は母乳の成分に含まれるものから作られているため、牛乳アレルギーの方でも食べられますが、乳糖不耐症の方は下痢になることもあるので、注意をする必要があります。

カイテキオリゴ新生児の赤ちゃんが飲む量はどのくらい?

新生児~生後6ヶ月まで 0.5g

生後6ヶ月~1.0g

購入時についてくるスプーンに計量がついているので、しっかり測って飲ませることができます。

またお子様の便秘具合により少しずつ量を増やすなど様子を見ながら与えるようにしましょう。

 

【カイテキオリゴは赤ちゃんでも大丈夫なの?】まとめ

  • 原料が天然成分からできているので安全。
  • 安全面でも評価が高い
  • ブドウ糖の食品なので赤ちゃんが口に入れても安心
  • 赤ちゃんが摂取する量もしっかり測れるように計量スプーンにも工夫がしてある

 

いかがでしたか?無添加で腸内環境の改善ができるよう高純度のオリゴ糖だけで作られているので、安心してお子様にも飲ませることができますね。

なぜ、特産品グルメサイトがオリゴ糖をお勧めすることになったのか?