カイテキオリゴとヨーグルトの同時摂取は便秘に効果的?

ws000154

便秘の時によくヨーグルトを食べるといいと聞きますね。カイテキオリゴも便秘に効果的だと評判があります。

その両方を摂取するのがいいのか、別のほうがいいのか疑問になりますよね。

どちらも便秘にいいですが、まとめてみました。

どんな効果があるか。

ヨーグルト

ヨーグルトは乳酸菌によって発酵されたもので、便秘効果やアトピーなどに効果があると言われています。またダイエットなどにも低カロリーな食品として使われることもあり、美容などにも効果があると言われています。ですがヨーグルトに含まれる乳酸菌は食べたあと腸に届くまでに胃酸で減少されてしまいます。減少されることから効果も減るというわけではありませんが種類によっては腸まで届く乳酸菌などもあり用途によって種類を選ぶ必要があります。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴのオリゴ糖は天然由来成分から出来ています。

このオリゴ糖は熱にも強く、腸まで届き善玉菌に含まれるビフィズス菌の好きなエサとなるように作られており、その為善玉菌が活性化してまんべんなく効果が得られるように作られた食品です。

また無添加のため安心して使うことができます。

どう摂ったほうが効果があるか。

カイテキオリゴもヨーグルトも同じように腸内環境を整える効果があり、腸内環境がよくなることで、善玉菌が増え、便秘の原因の1つである悪玉菌を減少してくれます。悪玉菌が減少することで老廃物を排便として促してくれますが、摂取のタイミングなどはそれぞれ少し違います。
なぜ、特産品グルメサイトがオリゴ糖をお勧めすることになったのか?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸や胆汁に弱いため、腸に届くまでに減少してしまいます。それを防ぐためには空腹時を避けることも1つの工夫です。またヨーグルトだけを食べるようなダイエットよりは、お腹に食べ物を入れた食後のデザートがわりのように食べると乳酸菌の減少を抑えることができます。

またヨーグルトに甘味が欲しい時に砂糖を使わずカイテキオリゴなどのほんのりとした甘味で食べるとカロリーを気にすることなく摂取できるためダイエットにも適しています。

カイテキオリゴの甘味は他の料理などの味を邪魔することが無い程度の甘味と、熱にも強いので普段のどんな料理にも使うことができます。

効果が鈍く感じるような場合は、時間などのずらして食べたり、量を減らすなどの工夫をするとまた効果を感じるようになります。

【カイテキオリゴとヨーグルトは便秘にいいの?】まとめ

  • 乳酸菌やオリゴ糖は、腸の腸内環境を整える効果があるので排便を促してくれる。
  • どちらも低カロリーなためダイエット時でも使うことができる。
  • ヨーグルトは空腹時はできるだけ避ける。
  • カイテキオリゴは熱にも強く溶けやすいのでどんな食材にも使うことができる。

ヨーグルトにカイテキオリゴを混ぜて胃酸や胆汁で減少する乳酸菌をオリゴ糖でカバーしたりすることができるし、一緒に摂取することでどちらも腸内環境を整えるので一回で摂取できますね。

色々工夫をして食べるのが良さそうですね。
カイテキオリゴ公式サイト