カイテキオリゴとビオフェルミンの違いは?

ws000154

CMなどでも知名度のあるビオフェルミンですが、今ネットで評判のあるカイテキオリゴとどちらがいいのでしょうか。どのような違いがあるのか意外と知らないこと多いですよね。

なので違いを比べてみました。
なぜ、特産品グルメサイトがオリゴ糖をお勧めすることになったのか?

カイテキオリゴ

北海道産のてん菜などの天然由来成分から抽出した高純度のオリゴ糖をEOS理論にもどづいて開発された商品で天然素材から出来た食品。
なぜ、特産品グルメサイトがオリゴ糖をお勧めすることになったのか?

人の腸内にある善玉菌であるビフィズス菌などが餌とする30種類以上のオリゴ糖の中から善玉菌の好きなオリゴ糖だけを使い腸内の善玉菌にまんべんなく効果が発揮できるように作られているので、善玉菌活性化をすることで腸内の環境改善が出来る。腸内環境が改善できることで悪玉菌の減少や老廃物を溜めないよう働きかけるため便秘に効果がある。

食品のためどんな料理にでも使うことができる。

無添加なので小さいお子様から使うことができる。

ビオフェルミン

便秘薬として幅広く使われている。現在は新ビオフェルミンが多く使われているようです。

人由来の菌で出来ていて3種類の成分を配合し、生きたまま小腸に働きかける菌と大腸に働きかける菌にわかれており、ぜん動運動を促し善玉菌を活発化させ、腸内細菌のバランスを保てるよう腸内調整改善をし、腸が栄養をバランスよく吸収できる環境を改善してくれます。

錠剤なので体調に合わせ錠剤の量を調整しながら使うことができる。

ビフィズス菌が配合された便秘薬で、11歳から使用できる。

下剤とは違い、医薬品ですがゆるやかに効果が出るので効果を感じるまで個人差がある。
カイテキオリゴ公式サイト

【カイテキオリゴとビオフェルミンの違いは?】まとめ

カイテキオリゴ

  • 天然素材から出来ている食品
  • 腸内環境の改善をして便秘を解消する。
  • 食品なので色々な料理に混ぜて使うことができる。
  • 無添加なので小さいお子様から使用できる。

ビオフェルミン

  • 便秘薬のため医薬品
  • 人由来の菌を3種配合して生きたまま腸に届き腸内環境を改善する。
  • 錠剤なので体調に合わせて量を調整しやすい。
  • 11歳から使用できる。

食品と医薬品とで大きな違いはありますが、効能は大差はありませんね。しかし、使う方の最小年齢に違いがあるので使う人や用途に合わせて使い分けをしたほうがいいですね。