カイテキオリゴのラフィノースってどんなもの?

ws000154

私たちが口にする食べ物の成分て、見てもよくわからないってことありますよね。

カイテキオリゴの成分についても効果はわかるけど、主成分のラフィノースってなんだろうって思ってる方もいると思います。なのでラフィノースについて詳しく調べてみました。

ラフィノースとは

北海道のてん菜を原料として、抽出された高純度オリゴ糖で、天然に存在するオリゴ糖の一種で市販で売ってる砂糖の成分の1つにも含まれている事もありますが、甘味はさほどありません。

ラフィノースは胃や小腸で吸収されずに、大腸まで届いてビフィズス菌を増殖させる餌となります。

てん菜って何?

てん菜はサトウダイコンとも言いますが、大根とは別物でビートと呼ばれる砂糖で使われる種類に分類され、産地は北海道を中心としている寒冷地作物です。

カイテキオリゴはオリゴ糖で出来ているけど、オリゴ糖と善玉菌の作用を知りたい。

ビフィズス菌て?

人の腸内の最近細胞の1つで、ビフィズス菌はビタミンB郡の生成の他に、善玉菌として腸内環境を整える役割があります。

他にも、アレルギーや花粉症などの緩和などの手助けをしてくれます。

ビフィズス菌は乳糖やオリゴ糖を餌とすることで腸内で活発になり悪玉菌を減少させ腸内環境を整えます。
カイテキオリゴ公式サイト

オリゴ糖って?

オリゴ糖は腸内にある善玉菌を増やす効果が確認されていて、健康食品に利用されることもあります。善玉菌を増やすことで感染の防止や腸内環境改善などにも繋がります。赤ちゃんが飲むママの母乳にもオリゴ糖は含まれています。

カイテキオリゴのラフィノース

上記のようにカイテキオリゴに含まれるオリゴ糖のうちラフィノースは腸内の環境を整える善玉菌の1つのビフィズス菌の餌となることで善玉菌を増加させ、腸内の環境活性化や感染症の防止などにも効果があり、オリゴ糖と呼ばれる種類のうち、天然由来を抽出したオリゴ糖の1つなため添加物等がなく安全なオリゴ糖です。

整腸作用があるため、便秘にも効果があります。
カイテキオリゴ公式サイト

【カイテキオリゴのラフィノースってどんなもの?】まとめ

  • 天然由来の成分から出来ている。
  • 北海道のてん菜から抽出した高純度のオリゴ糖。
  • 善玉菌の増殖の効果。
  • アレルギーなどの緩和を手伝ってくれる。
  • 整腸効果がある。

いかがでしたか?ラフィノースが整腸効果があることで、排便を促し便秘にも効果が期待されます。

便秘の健康食品としてカイテキオリゴの成分は役割を果たす成分を含んだ食品と言えますね。