カイテキオリゴはアトピーにもいいの?

ws000154

アトピーと聞くとアトピー性皮膚炎ですが、かゆみがひどく普段から肌がボロボロになったりカサカサしていたり、言い難いかゆみが辛いと聞きますね。ひどい人は寝てる間にシーツが赤くなるくらい書いてることもあると聞きます。

カイテキオリゴをつかって以前よりマシになったという方も少なくありません。何故そうなるのかまとめてみました。

アトピーとは

要因は様々で、食物アレルギー・ストレス性など発症する原因は人それぞれです。

共通していることは、体の機能低下ということです。バリア機能が低下することにより炎症が起こりそれがかゆみとなってあらわれるのだそうです。

普段善玉菌の働きにより抑えることができますが、体内の常駐菌が乱れ悪玉菌が増えると有害菌が発生します。また悪玉菌が増え、アトピー特有のかゆみでかきむしったりすることで新陳代謝も悪くなるので悪化します。皮膚科などで炎症を抑える薬でかゆみを抑えることはできますが、根本改善にはなりません。
カイテキオリゴ公式サイト

また、免疫力の低下も原因の1つで、善玉菌が減少すると免疫力も低下します。その為ニキビや吹き出物などもでき、胃も荒れたりします。

カイテキオリゴとアトピーの関係

アトピーは善玉菌の減少による免疫力の低下なので、アトピーの改善には腸内の善玉菌を増やすことがいいとされます。

ヨーグルトを習慣的に食べるだけでなく、善玉菌の餌となるオリゴ糖を摂るのがいいのですが、体内にある善玉菌は30種類以上も存在し、種類によって好んで餌となるオリゴ糖の種類も違います。カイテキオリゴは天然素材から抽出したほぼ純度100%のオリゴ糖で腸内にある善玉菌全てにまんべんなく作用するオリゴ糖を独自のEOS理論により作られたものなので、効果が実感できるよう開発されています。

アトピーの原因の1つである”アレルゲン”にカイテキオリゴの”ラフィノース”が効果アリ。

天然素材である北海道産のてん菜を抽出したオリゴ糖で、ラフィノースは体内にある毒素を体外に排出してくれます。その為腸内の悪玉菌を減少させることで、腸内にある毒素を減らしてくれます。

善玉菌が増えることで、腸内環境が改善され体内の常駐菌のバランスが保たれます。低下気味だった機能低下も改善されることでアトピーも徐々に改善されていくという仕組みです。

【カイテキオリゴはアトピーにもいいの?】まとめ

  • アトピーの要因の1つは善玉菌が減少し、悪玉菌が増え体内常駐菌バランスが乱れることで起こる。
  • アレルゲンにカイテキオリゴのラフィノースが有効。
  • 常駐している善玉菌全てにカイテキオリゴは作用してくれるので善玉菌が増える
  • カイテキオリゴで便秘解消だけでなく体内環境の改善が出来る。

体の機能向上のためにも腸内環境の改善が必要だということがわかりますね。

体内にある有害な毒素を善玉菌が改善してくれるので、便秘だけでなく肌もよくなりますし、善玉菌が増えることで抑えられる症状の改善もできていいですね。
カイテキオリゴ公式サイト