辛い便秘の解消にはマッサージ、青汁、ビオフェルミンが効いた!

⑩
⑩

ひどいときは一ヶ月続く便秘の症状

私は今31歳で、去年体調を崩し仕事を辞めました。なので今は求職中です。便秘は今までもちょこちょこなっており、かれこれ10年は経つと思います。特に便秘になるのは、旅行に行った時や生理前などです。

そしてここ最近、暑くなり始めた頃からまた頑固な便秘に悩まされています。しかも生理前は特にひどく3日は出ないし、生理前以外の日でも2、3日は出ない日々が続いています。

それに、スッキリ出ないのでお腹が常に張って気持ち悪い感じがします。そんな状態がもう一ヶ月以上は続いています。このままではお肌の調子も悪く、体重も増え、体にも悪いので便秘対策をすることにしました。

まずは水分補給を意識

まず、私が始めたのは水分補給です。今年の暑さは異常で、日中はもちろん、夜もクーラーが止まると暑さで目が覚めてしまうほどでした。なので、全身汗をかくので水分補給がおいついていない状態でした。

そこで、朝起きた時に冷たい水で青汁の粉末を溶いて朝食前に飲むようにし、朝食中もコーヒーやスープなどで水分補給をしました。そして寝る前と食間にも必ずコップ1杯ずつ水分補給をするようにしました。

次に整腸剤を試す!

次に整腸剤です。即効性があるのは下剤なのですが、どんなにお腹が痛くならないと言われている下剤でもやっぱりお腹が痛くなってしまうので整腸剤にしました。それに癖がついてしまうのも嫌ということもありました。

私が試したのは、ザ・ガードコーワとビオフェルミンです。一緒に飲むのではなく、どちらかを一定飲むようにし、効果を見ました。

大切な食生活の見直し

そして、食生活の見直しです。この暑い時期は食事内容もどうしても変わりがちです。そうめんやそば、うどんなどツルッと食べやすいものを食べてしまうので、野菜の量が減ってしまいます。

それにこんなに暑いと火を使う気にもなかなかなれないので、手抜き料理になりがちです。なので、そうめんサラダにしたり、火を使うのが億劫な時は電子レンジを上手く使うようにし、野菜も一緒に摂るように心がけました。

お腹のマッサージも実践!

最後にお腹のマッサージです。これは夜寝る前に仰向けの状態で行います。そのやり方ですが、便秘の時はお腹を触ると固くなっている部分があるのが分かります。なので、その部分をゆっくり押しながら時計回りに流すようにします。

初めはなかなか固い部分が動かないのですが、時間をかけてマッサージすると次第にお腹がコポコポと動き出すのが分かるので、その状態まで続けます。このように便秘対策をいろいろ行ったのですが、一番効果があったのはお腹のマッサージと冷たい水で飲む青汁、ビオフェルミンの服用でした。もう一つ試していたザ・ガードコーワの効果はあまり実感できませんでした。

便秘は本当に辛く苦しいので、便秘解消するためにもこれからも続けていきたいと思います。