乳酸菌入りの青汁で便秘解消!

%e2%91%b2
%e2%91%b2

薬の副作用で便秘になり・・・

私は55歳で、仕事はフォトジャーナリストをしています。病院で処方されたお薬を飲んでいました。そのお薬の副作用に便秘というものがあって、その副作用のために便秘になっていたと思います。

体は健康でしたが、便通がないことが多くて、長い時には1週間も2週間も便通がないことがありました。お腹が張って、それまで履いていたパンツが入らなくなったりして、非常に困りました。

なんだかお腹にたくさんの便が溜まっているということが感じられて、体が重くなりました。体重も増えて、便通があるまで体重が増え続けて、ボタっとしたような感じになりました。

便秘薬を飲み始めるものの・・・

便秘は数年続きました。お薬を飲んでいる間はほとんど便秘をしていましたので、期間も長かったです。最初は病院で処方された便秘薬のプルゼニドを飲んで便秘解消をしていました。

茶色の小さな錠剤ですが、本当は寝る前に1錠飲むことになっていたのですが、効き具合によって加減していいと言われたので、だんだんと飲む錠剤の数が増えていきました。便秘薬は空腹時に飲まないと効果がないということでしたが、食事の後に飲んだり、便秘薬を飲んだ後に食事をしたりして、効果があまりなかったりして困りました。

お薬を飲むのをやめると便秘も解消されるのでしょうが、私が飲んでいるお薬は抗うつ剤なので、やめるわけにもいかず、飲み続けています。急性膵炎になって、抗うつ剤を飲めなかった時には、毎日便通があったので、やはりお薬の副作用なのだとわかりました。抗うつ剤を飲まないで良くなれば便秘も解消されるのでしょうが、今はどうしようもありません。

青汁が効果抜群!

便秘に一番効果のあった対策は青汁でした。世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁を飲んでいます。乳酸菌は腸内環境にいいですし、青汁は食物繊維が豊富に入っているので、便秘に効果があります。

毎日青汁を飲むようになってから、便秘薬を飲む回数がものすごく減りました。スティック状の青汁をミネラルウォーターで溶かして普通のお茶のようにして飲んでいると、自然と便通があるので助かっています。

やはり薬剤を使わずに便通があると気分的にもとても良くて、体にも優しいと思います。青汁でも乳酸菌が入っているので、腸内環境にとても良いようです。