看護師さんのアドバイス。歩くことと大根おろしで便秘解消

%ef%bc%92%ef%bc%93
%ef%bc%92%ef%bc%93

30代から続く便秘に悩まされる

今年43歳になる主婦です。30代の半ば頃から便秘に悩んできました。何故そうなったのか振り返ってみてもはっきりわからないのですが、食事を摂るタイミングや睡眠などが不規則で、どうしてもバラバラだったり足りなかったりしていたのかなと思います。

4、5日に1回くらいやっとお通じがあるという感じで、いつもお腹のあたりが張って苦しかったです。
便秘をなんとか解消したいと、水を毎日1L以上飲み、食物繊維を意識して食べるようにして、納豆やヨーグルトなどの発酵食品も積極的に摂るようにしてみました。

それによって多少は改善してきましたが、しかしそれでも毎日のお通じなんて私にとっては信じられません。3日に1回くらいで落ち着いてしまっていました。

看護士さんからの教え

そんな日々を過ごしていましたが、半年程前、ある簡単な手術を受けることになり、それに合わせて大腸の内視鏡検査を受けることになりました。大腸の検査ですから、腸を空っぽにする必要があります。大量の下剤を飲んでとにかく出し尽くすのです。

看護師の方が下剤の飲み方を指導して下さり、「飲んだら腸を動かすために病院内を歩いて下さい」、と言われました。「腸を動かさないと便は出ませんから、そして歩くことで腸が動きます」、と続けて説明されました。私はへっ?と思い、「歩くことで腸が動くなんて知りませんでした」、と看護師の方に日頃の便秘の悩みを話しました。

すると看護師の方は「駅やスーパーに行く程度では歩いたということにはなりません、便秘でお悩みなら1日30分以上歩くようにしてみて下さい。あと困った時にはたっぷりの大根おろしを食べてみて下さい、大根おろしだけでお腹をいっぱいにするくらいたっぷりですよ。次の日すっきりしますよ」と笑顔で話されました。

歩くことと大根おろしを実践

それ以来私は看護師さんの教えを実践しています。ちなみに検査の結果は問題無しで手術も無事終了しました。

毎日30分歩くのは難しい時もありますが、とにかくなるべく歩くようにしています。そして大根おろしですが、これは確実に今までで一番効果を感じています。ちょっと大変ですが、大根1/2本くらい頑張っておろすと丼にいっぱいになります。大根おろしは好きですが、さすがに大根おろしだけを食べるのはなかなかキツいので、ちょっとシラスをのせたりしてポン酢かお醤油かかけて頂きます。すると翌日には本当にお通じがあります。

今でも毎日お通じがあるという訳にはいきませんが、困ったら大根おろしを山盛り食べるという必殺技を手に入れてからは長期の便秘に悩むということはなくなりました。あの看護師さんには本当に感謝しています。